ひとえにここゆいづ

一途なおもてなしの心が、この言葉に込められています。

「一重に心を込めて、伊豆の湯や食材で、おもてなしをする。」

唯、客人をもてなすことと、向き合うこと。

「ひとえにここいづ」の由来

一途に心を込めて、おもてなしをする。 

「ひとえにここゆいづ」これは対山の造語です。 

ひたすらに一途に、おもてなしとは何かを考える。「湯も心もおもてなしの気持ちで溢れています。」という意味が込められています。 

ただ、向き合うこと。これは、「対山」=ただ山に対して在る宿。にも通じています。 

また、伊豆の地名の由来は「湯出づる国」というところから来たといわれています。 

対山はこの言葉をもらい、修善寺ならではのやさしいお湯で、お客様に寛いでいただける旅館になりたいという願いから、この言葉を誕生させました。 

また、「ひとえ」は二代目の名前「一恵(ひとえ)」から取られたものです。 

対山はお客様の目に触れる一つ一つに、出来る限り「心」を入れておもてなししたいと考えております。 

「心」を込めることで「優しさ」に包まれたような気持ちになると信じているからです。対山のおもてなしのすべては、この言葉に込められています。

修善寺温泉 ねの湯 対山荘
〒410-2416
静岡県伊豆市修善寺883
お問い合わせ
■お電話:
受付時間8:00~21:00
■メール: